• ストラップの選び方

    ストラップの選び方
  • ローライ・ハッセル仕様について

    ローライ・ハッセル仕様について
  • 欠品中バッグについて

    欠品中バッグについて
 
アオイロのボノ / ミニボノ


 





「ブルーな気分?なんて素敵な色気分。」
空のアオ、海のアオ、ケツァールのアオ...

アオに魅せられたデザイナー・シノハラトモユキのセルフコラボ。
アオが大好きで気づけば全身青づくめになりがち...
そんな方にこそ
アオイロのボノを持ってほしい。

鮮やかなアオと引き締める革の共演が目を惹く美しさ。
全身アオでもこの美しさがまとめてくれるような存在に。

アオイロのボノを持つと心もアオの晴天。
地上3センチメートルくらい浮いちゃう勢いで
きょうも颯爽と自然や街へとくりだしましょう。




 

大容量カメラショルダーバッグ「ボノ」



映画「イルポスティーノ」では イタリアの小さな島に住む郵便配達員マリオが、亡命してきた詩人パブロと出会い、詩を通して文学や恋に傾倒していく姿が描かれています。
これが詩ではなく写真だったら?と架空のストーリーから産まれたポストマンカメラバッグ。

Bono(ボノ)とはイタリア語の borsa di un postino=郵便配達員の鞄 から取った名前。
大容量ながらカメラバッグには見えない立体的なフォルムがポイントです。基本のショルダー持ちの他、ウエストストラップを腰に巻く事で自転車に乗った時やアクティブなシーンでもブレません。使用しているタンニンなめしの革は使い込むほどに深まる革の味わいをじっくり楽しむ事が出来ます。

マリオがパブロと詩を通して文学や友情を深めたように写真の探求や、そこからの繋がりが生まれるようにストーリーが込められたバッグです。
さらに青好きな人たちとその青素敵だね!なんて会話ができたら嬉しいなんて、想いもとびきりつめこんで。


 

これも入れたい、を叶える収納力



四次元ポケットのような収納力。
そういえばドラえもんもきれいなアオだった。なんてふっと思い出してみたり。



マチを広く取ったデザインにより重量級のカメラ2台+αを収納する事が出来る大容量を実現。
[一眼レフ+一眼レフ+日用品]、[一眼レフ+ミラーレス機+レンズ]、
[ 一眼レフ+ノートパソコン+日用品 ]など、幅広いバリエーションで様々なものを収納して頂けます。
カメラを2台〜たくさん持ち運ばれる方、レンズを2、3本持たれる方など今まで諦めていた機材を持って出かけられる容量の大きさです。



クッション材は本体だけでなく、バッグ内外の各ポケット内にも封入されており、安心して収納して頂けます。
前面のポケットは長財布が縦に入る丁度いいサイズです。側面のポケットにも定期入れやカードケース、いつも使うようなちょっとした小物を入れておくことができます。

 

自由に仕切れるパーテーション





低反発のクッションが入った仕切りにも革素材を使用しています。カメラとレンズを一緒に入れた時など、間にかませることで傷がつくのを防ぎます。
取り外し可能でゴムバンドの好きな位置に留めて移動できるので、自由に内側を区切れます。
こちらは標準で1つ付属していますが、追加でご購入いただく事もできます。

パーテーションの使用例は各製品ページでご紹介しております。
ボノはこちら
ミニボノはこちら


追加パーテーションをご検討頂きました際にもし在庫切れとなっておりました場合は、バッグ本体ご注文の際の備考欄、もしくはお問い合わせフォームより一度お問い合わせくださいませ。
入荷時期などご案内を差し上げます。


こちらのパーテーションは現行品(豚革)の在庫がなくなり次第、素材、カラーの変更を致します。何卒あらかじめご了承くださいませ。

・ブラウン(豚革)が完売となりましたので、
カーキ(帆布)でのご用意となります。
(追加パーテーションのご注文もカーキをお選びくださいませ。)



 

ミニボノとボノの比較





二つの大きさのあるボノ。並べてみると大きさの違いがわかります。幅はもちろんですが、ボノになると高さも高くなるので、より背のあるものや上着などを荷物の上に乗せたり、入れるものの幅が広がります。荷物はそこまで多くなく、コンパクトにまとめたい方はミニボノなど、スタイルによってお選びください。

内容量の違いに関しまして、具体的に比較したブログもアップしております。
こちらのブログもご覧くださいませ。

 

目を惹くアオの素材





タイヤの素材から生まれたナイロンはとても丈夫で、一般的なナイロン66より、さらに15%強度を増した強靭ナイロンです。
テフロン加工による高い撥水性もあります。
ナイロン素材ではめずらしい美しいブルー。
「どうしてもこのアオじゃなきゃだめだった。」
森や湖も連想できるような緑を含めてできた、こだわりのブルーです。また、カタチを引き締める革との共演で、一見派手になってしまいそうな目の冴えるようなアオも目を惹きながらもとてもよいバランスで馴染んでいます。

 

開けるのが嬉しくなるバッグ





普段は見えない場所。でもそんなところにも気を遣っていたい。
見て見てとお披露目したくなるような、開けるのが嬉しくなったら、もっといっぱい使いたくなります。持ち運ぶためだけの鞄なんてもったいなくて。
インディゴのストライプ生地は可愛くなりすぎず、本体のアオとの相性もぴったりです。

 

内側に込められた工夫





ボノはカメラバッグに見えないカメラバッグではありますが、内側に入れているクッションは厚みや硬さなど異なるものを数種類使い分け入れており、大切なカメラをしっかりと守ります。
クッション材はバッグ内外の各ポケット内にも封入されており、iPadや小さな電子機器類も安心して収納して頂けます。


※こちらの写真のボノはコットンブルーのモデルです。(生産は終了致しました)

また、クッション同様バッグ内側に入っている芯材についても、型崩れをしないようにしながらも、身体のラインに馴染むように種類や入れ方を工夫しています。写真は使い込むうちにバッグ背面のラインが身体に沿ってカーブを描いてきたもの。使う人の身体に合わせて形が変化していきます。

 

重さを支えるショルダーストラップ





太さ約5cmの幅広ストラップと、肩当部分に付いた低反発クッションがバッグの重さを軽減します。
クッション部分は固定されていますが、ストラップ自体の長さを両端から調節可能なので肩の位置にくるように調整できます。



ストラップの長さは最長約105cm〜最短約80cmで、重さのあるものを入れた時にも楽に持って頂ける様、短めにお作りしています。重さを腰で支えるようなイメージで、バッグ本体を背中側に回して着用頂きます。
本体に対して斜めに付いているストラップや、バッグ本体の上部へ行くほど窄まった形状によって身体に沿い、着用した時に身体と一体となって感じられます。
また、ストラップ接続部分はポストマンカメラバッグらしい遊び心の手紙のモチーフがあしらってあります。


ボノ着用


ミニボノ着用

 

アクティブな場面にも活躍





腰に固定するベルトを装着することで自転車に乗る時など、動きのある場面でもバッグ自体を腰に固定することが出来、安定して持って頂くことが出来ます。
また、ベルトで締めることで重さが腰に分散し、楽に持って頂ける効果もあります。
ベルトの長さは調節と付け外しが可能です。こちらは標準で付属いたします。

ベルトのアレンジした使い方としては、サイドに着いた金具に着ける事でスーツケースの上においてひっかける事が出来たり、ハンドルの様に取り付けると少しの移動が便利にもなります。

※写真は異素材で同じ仕様のバッグとなります。ベルトの仕様は同じものです。

 

なめらかで強度のある牛革を使用





正面の蓋開閉スナップ部分やショルダーストラップ・本体の連結部分には表面の滑らかさが特徴の牛革を使用しており、使い込むことで自然なつやと光沢が出て、愛着へと繋がります。

※こちらのレザーは天然素材のため、小傷やムラがあります。使い込むことで自然なつやと光沢が出て、傷も馴染んできます。
※1点1点ハンドメイドによる染色・加工を施していますので、掲載写真と比べて色味が異なる場合があります。
 

こだわりのディティールデザイン



 

埃を入れないストッパー

バッグの入り口サイドにはホコリや小雨などの侵入を防ぐレザーパーツが。蓋を閉めると自然に折りたたまれる仕様です。

 

アクリュオリジナルの金具

ホックやD型の金具はアクリュオリジナルのものを使用。使っていくうちにより深みのある表情に変化していきます。 ※本体のカラーによって金具の色が異なります。


 

 

底面の鋲

底面には金属の鋲が。衝撃を和らげ、汚れもつきにくくなります。底面にはしっかりした芯材を使っているので、カメラを安定した状態で持ち運べます。

 

ゴムバンド収納

内部のゴムバンドは仕切りを留める部分であり、フィルムホルダーやクリーナー、ペンホルダーとしても使用出来ます。


 

 

タグ

「HAND WORK IN JAPAN」の文字が刻まれ、日本の手仕事の証となっています。打刻印をご希望される場合はこのロゴの下に打刻が入ります。

 

ポストマンモチーフ

ストラップ接続部分はポストマンカメラバッグらしい遊び心の手紙のモチーフをあしらって。ふとした時に目に入って心もほっこりします。



 

アオイロのシャシンの贈り物





アオイロのボノをお買い求めいただいた方に、アオに魅了された デザイナー シノハラトモユキが撮影した蒼い写真を1枚お付けいたします。
まばゆいアオのモルフォ蝶や、水源、森、様々な自然のアオが静かに語る一枚です。アオが好きな方へ、特別好きなわけじゃなかったけれどアオイロのボノのアオに惹かれてしまった方へ。美しく佇む蒼い光たちに、そっと包まれますように。

 

【option】 レンズキャップの居場所





撮影時に失くしがちなレンズキャップ。
その居場所としてのレンズキャップケースをアオイロのボノ用にお作りしました。本体の革と同じお色味で、ロイヤルブルーのステッチがアクセントに。
名刺も入るサイズで、大きなバッグの中では迷子になりがちなSDカードやフィルター、そのほか小物類も失くさずに収納しておけます。
下のバナーよりオプションとしてお選びいただけます。



 

想いを刻む打刻印




 

付属のタグへ打刻印を入れることが出来ます。

※写真は打刻印場所のサンプルです。実際の商品とは異なる場合があります。

 

ご注意いただきたいこと





アクリュでお受けしている打刻印は革に文字を叩き入れるようにして文字入れをしております。
そのため、以下のような点についてご了承下さいませ。

□革の伸びや曲げによって文字が薄くなる可能性がございます。
グリップベルトの本体やストラップの肩当のように装着する事で曲げ・伸びが発生する部分に関しては特にその可能性が考えられます。
□牛革に比べ馬革は柔らかく、打刻の文字がはっきりと入りにくい革です。
□革の色味が明るい方がはっきり文字を認識できます。
 

馬革打刻例


 

打ち込み直後


 

曲げを行った後



 

打刻印文字サンプル





打刻できる文字は「アルファベットA〜Z」「数字」「&(アンド)」「.(ドット)」となります

全て大文字となります。ご記入の際も、大文字表記頂けると対応がスムーズです。
 ※小文字で表記頂きました場合にも、大文字にて製作致しますのでご了承ください。

□受注生産品となりますので、製作後のサイズや文字の変更はお受け致しかねます。

十分ご確認の上、ご注文をお願い致します。
 

アオイロのボノ / ミニボノ

素材
牛革(ベジタブルタンニンなめし)、ナイロン、その他金属
バッグ内側:コットン
ストラップ:アクリル、牛革、馬革(裏面)
クッション:低反発ウレタン(内部)

サイズ

ショルダーストラップの長さ 約105cm〜約80cm(サイズ調整可能)


ショルダーストラップの長さ 約109cm〜約84cm(サイズ調整可能)
※バックのショルダーストラップ長さ追加のオーダーはお伺いできません。

重さ
ボノ:約1400g ミニボノ:約1150g

付属品
クッション・パーテーション×1個
2個以上お求めの方はクッション・パーテーションのページより追加注文できます。
ボノ用 / ミニボノ用

納期
3営業日以内(在庫ありのカラーのみ)
※オンラインショップの都合上、選択できるお届け希望日が 21日後以降となりますので、早めの到着を希望される場合はお手数ですがショッピングカートの備考欄にお届け希望日をご記入の上、ご注文下さい。

※銀行振り込みを選択の場合、ご入金の確認ができてからの発送となります。
 
<ご注意> ※こちらの商品は革により色むら、小傷等ある場合がありますが、これは天然の風合いを大切にするためにあまり処理していない革を使用しているために起こるものです。品質には問題ありませんので、ご了承下さい。
※画像にあるカメラは商品に含まれません。
※仕様は予告なく変更することがあります。
価格 : 円(税込)
数量
 
サイズ
  • 打刻印 ※大文字のみ

    入力できる文字数:半角6文字

カートに入れる

ページトップへ